読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空と海と陸マイラーの日記

ポイントサイトでのポイントをマイルに変えて、FXでお小遣いを少しだけ増やし、旅行に行きたい❗

東海道の丁子屋

f:id:shionn777_13:20170201152421j:plain
慶長元年(1596年)。時は猛々しい戦国時代。
駿府の町が目の前で焼き払われ、豊臣秀吉小田原城征伐のため兵を挙げ宇津谷峠を通過。そのような中、初代・平吉はのれんを掲げ、ここに丁子屋が創業しました。
今でこそ「とろろ汁の丁子屋」として親しまれていますが、当時はお茶屋として開業したようです。
その後、富士山の大噴火、大政奉還、世界大戦など時代の転換期にも直面。
初代がどのような“想いや希望”を抱いて創業したのかを知る由もありませんが、丁子屋は現在まで場所を変えること無く、ここ東海道の丸子宿で400余年を過ごしてまいりました。

丸子宿と言えば、とろろ汁。
とろろ汁と言えば、丁子屋。

松尾芭蕉翁、十返舎一九歌川広重、様々な紀行物語や俳句、随筆、浮世絵でも残されているように、当時の身分や立場に関係なく、行き交う旅人の道中の無事を祈り、一時のおもてなしを続けております。

【丁子屋HPより抜粋】

f:id:shionn777_13:20170201152555j:plain
注文は一番人気で、定番の丸子です
ご飯4杯食べましたがお腹一杯です(*`・ω・)ゞ
ご飯のお代わりは、無料です

f:id:shionn777_13:20170201152832j:plain
井戸水が店内に涌き出てます

f:id:shionn777_13:20170201152919j:plain
外からの写真
なんでも400年の歴史があるとかないとか

f:id:shionn777_13:20170201153158j:plain
東海道

f:id:shionn777_13:20170201153312j:plain
因みに歴史も見れます